募集中                                        NEW!!

「依頼してよかった。お役に立ててよかった。」快友国際特許事務所でありつづけたいと思います。

私どもは、「依頼してよかった。お役に立ててよかった。」という気持ちの良い循環のなかで業務を遂行することができる特許事務所を目指して「快友国際特許事務所」を発足させました。その願いはほぼ実現され、ご依頼人との間で強い信頼関係を保ちつつ、双方にとって快適な循環を繰返しながら日常業務を遂行できているものと信じられます。ご依頼人の信頼に感謝するとともに、その信頼を裏切ることなく、今後とも双方にとって気持ちの良い循環が持続できることを最大の目標として事務所運営を続けていきたいと考えております。

付加価値の高い特許出願代理サービスを提供します。

技術の本質を見抜き、それを正確に定義した特許請求の範囲を用意することは容易でありませんが、私どもは、発明者の認識を越えた付加価値を生み出すことを強く意識して業務に当っております。それができたときに「依頼してよかった」と思っていただけるでしょうし、そう思っていただけたときに「お役に立ててよかった」と思えるからです。技術は益々高度化・複雑化しており、技術を理解するだけで精一杯で、とても発明者の認識を越えるところまで洞察できないという破目にならないように、不断の勉強を続けて行きたいと考えています。また、法律・条約・判例の変化に精通し、事案事案について最適な手続を誤りなく選択できる能力を維持していきたいと考えます。頻繁に所内研修を実施して「依頼してよかった」と思っていただけるだけの実力維持に努めております。

納得いただける権利活用とライセンス交渉をいたします。

私どもは、確立した知的所有権が侵害されたときにその侵害行為をやめさせたり、妥当な費用を回収したりするための戦略・戦術を様々に立案して実行してまいりました。また、多方面に亘る技術を活用して一つの製品が完成することが多いことから、気づかないままに他人の特許権を侵害してしまうことがあります。あるいは、正当なロイヤリティを支払うことによって技術を導入したい場合もあります。交渉相手が外国企業であることも多くあります。説得力のある警告書であることもあれば、不誠実な権利行使である場合も多くあります。私どもは、事実を客観的に整理し、妥当な条件を見出して先方を説得する多くの経験を積んできました。依頼していただいた事件の大半で「依頼してよかった」と思っていただけた結果を獲得してきたものと自負しています。

プロといえる人材の育成に努めています。

良質な権利を確立し、その権利を有効に活用し、不当な権利行使に対抗するためには、知識と熱意のある知的所有権のプロが不可欠です。私どもは、事務所構成メンバーの一人一人がプロに期待されるだけの知識と熱意を提供できるように研鑚に努めています。また長期にわたる業務を積極的に遂行しつづけるためには明朗・快活な人柄と事務所雰囲気が欠かせません。気持ちのいい事務所構成メンバーが相互に信頼しあいながら切磋琢磨して前向きな気持ちで業務に従事できる状況を実現できたことに感謝と誇りを持ち、実力をさらに向上させ、「依頼してよかった。お役に立ててよかった。」快友国際特許事務所でありつづけたいと思います。