募集中

判例・実務勉強会

法律勉強会では、知的財産権に関わる法律を実務の視点から検討します。法改正や最新判例等を題材に取り上げて、ディスカッション形式でも進められます。


 
2014年1月17日
定例勉強会
講師 : 宇佐見修三弁理士

弁理士会の研修に参加した宇佐見弁理士が、その内容を所員に紹介し、皆でディスカッションしました。

内容
  1.特許法第102条第3項に基づく損害賠償額の最近の傾向
  2.インターネットモール主催者(インフォメーションサービスブロバイダ)の知的財産権利販売への対策

 

 

英国特許事務所来所
2013年12月6日
小玉弁理士の講演「3Dプリンタ発明顛末記」
講師 : 小玉秀男弁理士

当所前所長の小玉秀男は、今話題の3Dプリンタの発明者です。
その小玉弁理士が、2013年11月6日に仙台で開かれた第30回「センサ・マイクロマシンと応用システム」シンポジウムの招待講演にて、3Dプリンタの発明にまつわる講演を行いました。そのときの講演を、ルーセントタワー16階会議室にて、所員に対して行いました。

 

 
2013年11月22日
中国実用新案制度について
講師 : 佐藤大輔弁理士

佐藤弁理士は平成21年6月から平成22年3月まで 華夏正合知識産権代理事務所(中国 北京)にて研修を行ってきました。
今回は、中国実用新案制度に関する最近のトピックを紹介して頂きました。